MENU

お問い合わせ

コンクリートの劣化調査ならエースコンサルタント

本社

078-920-2251 平日9:30~18:00

FAX

078-920-2251 平日9:30~18:00

東京事務所

03-5628-5556 平日9:30~18:00

FAX

078-920-2251 平日9:30~18:00

閉じる

中性化試験

中性化深さ測定を行う目的

中性化はpH12~13のコンクリートが大気中の二酸化炭素、又は下水道施設等から発生する硫化水素により、pH8 ~10に低下する現象です。中性化が進行することによってコンクリート中の鉄筋が腐食し、このときの膨張圧によってコンクリートにひび割れが発生し、剥離、剥落などの損傷が生じます。
中性化深さを測定することによって、コンクリートの劣化深度がわかり、補修設計の際に劣化部除去深さや断面修復厚さを把握することができます。

測定方法

代表写真 建築目視状況

電動ハツリ機を用いてコンクリートをはつり、ハツリ面を清掃します。

次に、フェノールフタレイン溶液をはつり断面に噴霧し、表面から無着色部までの深さをノギス等を用いて測定します。

事業案内

PAGETOP